エソって耳にしたことありますか?一般的にあまり馴染みのない魚ですが、釣りを趣味にしている方ならきっとご存じかと思います。釣り人の間では「キングオブ外道」として釣れたら即リリースが定番のなんとも悲しい魚です。

しかし実はこの魚、調理法でとても美味しく食べる事ができるのです。このページではそんな嫌われ者のエソについてご紹介します。

エソとは成魚で10~70㎝で細長い胴体に、口が大きく横に裂け、ギザギザの歯がびっしりついているのが特徴的です。見た目はとてもグロテスクといいましょうか、例えるなら深海魚のような顔つきです。

また体つきがトカゲやワニに似ているため、「トカゲエソ」「ワニエソ」など和名がついている種類もいます。
エソは一見、深海魚のようなので深いところに生息しているように思われがちですが、実はエソの生息域は水深200mの比較的浅い海に生息しています。ショアジギングや投げ釣りなどでよく見る魚です。

エソの美味しい食べ方『すり身・さつま揚げ・お刺身』

そしてエソの食べ方についてですが、基本的には普通の魚のさばき方と一緒です。
しかしエソには小骨が多く、中骨の左右二列ずつ骨がついてます。

3枚におろした後、ピンセットかスプーンでいっぽんいっぽん抜いていかなければなりません。
この骨を抜く作業が大変なので、毛嫌いする人が多いのです。しかしこの手間をかけることで、食べてみて「え?こんなに美味しい魚だったの?」ときっと驚くことでしょう。

定番料理としては、すり身にしてさつま揚げにすると大変美味しくいただけます。そして意外に知らないのがお刺身です。食感はもちっとして、味は淡泊。ポン酢と小ネギなどをつけて食べると、あのグロテスクの見た目からは想像できないほど美味しいのです。

他の調理法としては以下となります。

  • エソの天ぷら
  • お吸い物
  • 味噌汁
  • すり身揚げ

いかがだったでしょうか?あまり人気のない魚で、釣り人からは嫌われ者のエソですが、実はこんなに沢山の調理法があります。一部の地域では高級魚として扱われるほどです。

市場ではあまりお目にかかれない魚ですが、海釣りで釣れた時はそのままリリースするのではなく、一度食べてみられてはいかがでしょうか?