のどぐろは脂の、のりがトロにも負けないといわれているほど、白身の魚ながらトロのような濃厚な脂のある魚で、ソフトで噛むととろけるような柔らかくておいしい身が楽しめます。

いただくと、のどぐろのふわりとしてたっぷり脂ののった美しい白身が上品で甘い濃醇な味を醸し出していて、とっても美味です。

のどぐろの干物は日本酒と合わせていただいてもおいしいですし、いろいろな楽しみ方があります。そんなのどぐろの干物をおいしく焼くにはどのような方法があるのでしょうか。

そこで、のどぐろの干物の美味しい焼き方についてご紹介してみたいと思います。

みんみみんみ

これからご紹介していく「のどぐろの干物 美味しい焼き方」はみんみが普段気を付けていることですので、あくまで参考程度にお読みくださいね!

のどぐろの干物は強火の遠火で焼こう

のどぐろ干物は高価な食材のなので美味しい焼き方でいただきたいですよね。

のどぐろ干物も含め、魚の焼き方の基本は強火の遠火といわれています。

この焼き方をすると、表面はパリッとしていて、中身はふんわりとしておいしく焼くことができるのです。

そして、焼き物をする時にはできるだけ水蒸気がこもらないようにして焼くことが必要です。蒸し焼きではないので、カリッとした表面に焼き上げることができなくなるのです。

本当は炭火焼で焼くのがとてもいいのです。

しかし、自宅に七輪があるというところもそんなに多くないのではないでしょうか。そのため、ガスでグリルを使って焼くということも多いのではないでしょうか。

厳密にはガスの炎には水分が含まれていると祝えていて、水分を含まない炭火焼きは理想的なのです。

炭火を使って遠いところから焼くと、水分も減ってパリッと表面がなるのです。しかし、グリルでもおいしく焼くことは可能とはいわれています。

その理由は、最近の家庭ガスコンロの魚専用グリルは、炭火焼に近い状態で魚が焼けるように工夫されているのです。

完全に炭火と同じというのは無理としても、できるだけそれに似た形で焼くということは可能といわれていますのでまずは魚焼きのグリルを使うのはおいしいのどぐろの干物を焼く場合にはおすすめです。

皮がパリッとなるようにするには

家庭用グリルでのどぐろの干物を焼いていて、皮がパリッとなるようにするには、最初にできるだけ皮がグリルにくっつかないようにすることが必要です。

せっかくきれいに焼いても取り出した時、革が皮ごとはがれてしまうとおいしく焼けたとはいえませんよね。そのため、焼きはじめにグリル内を高温にしておくことで、少しでも皮がグリルに就かないようにしておくことが大切です。中途半端な温度だとくっつきやすいのです。

グリルの網に水をつけてみて、その水がはじかれるくらいに熱しておきましょう。

のどぐろの干物を焼く時のポイントについて

家庭用のグリルを使ってのどぐろの干物を焼くという時には、しっかりと加熱しておくことがポイントといわれています。そうすることでグリル内の温度が均一になって焼きムラを防ぐことができるというメリットがあります。

また、もう一つのメリットとして、ある程度、焼いた後にグリル内の火を弱くする際に、温度が高いと火は弱くしても温度は下がらないのです。

そのため、焦げないように火を弱くしても時間差の効果で温度がちょっとずつ下げられ、火を弱くしても全体的な温度は均一にできるのです。そのため、焦げにくくしながら、しっかりと熱を通すことができます。

冷凍したものを焼く場合には解凍せずに焼く

のどぐろの干物をお取り寄せをしたりした場合には、冷凍された状態で送られてくる場合が多いのではないでしょうか。冷凍されているのどぐろの干物はどのように料理したらいいのでしょうか。

この点については、のどぐろの干物も焼くときは解凍せずにそのまま焼きましょう。冷凍された状態のまま焼くと時間は余分にかかりますが、そのメリットには生臭さを防ぐことができるということが挙げられますし、旨みなどの成分が溶け出してしまうということも防げます。

魚の目玉が白くなったら取り出す

魚を焼く時には皮を上にして焼きます。魚を入れる場合は先に頭から入れます。頭の方は焼けにくいいのでよく焼けるようにしておきましょう。

最初は強火で、そしてある表面がパリッとしたら火を弱めます。魚の目玉が白くなったら取り出しましょう。まだ目玉が白くなってなかったら生焼けの可能性があります。美味しく焼きましょう。

のどぐろの干物 美味しい焼き方 まとめ

のどぐろは、白身の魚ながらトロのような濃厚な脂のある魚で、柔らかく噛むととろけるような食感が楽しめる魚です。

のどぐろの干物をおいしく焼くには理想的なのは炭火で焼くことです。しかし、七輪が家庭にあるというところもそうないといえ、家庭用のグリルで焼くという人は多いのではないでしょうか。

基本は強火の遠火で焼くということで、最初に強火で焼き、表面がパリッとしたら火を弱めて中が生焼けにならないように焼きましょう。

のどぐろの干物を通販などでお取り寄せした場合は、冷凍された状態で送られてきますのでそのまま解答せずに焼きましょう。

のどぐろ干物 おすすめランキング!